産後うつは出産を経験する女性であれば誰にでも可能性はあります

一生懸命の人は注意

産後うつにはどうしてなるのか

産後うつとは出産直後のお母さんがよくかかりやすい病気で、一生懸命に育児や家事に取り組みすぎることから発症するケースがほとんどです。 産後うつの原因となるのはうつ病の場合と同じ、過度の精神的ストレスです。産後の女性は体力的にかなりのダメージを負っているというだけでなく、ホルモンバランスの乱れから出産前よりも精神的に弱りやすくなっています。そのタイミングで昼夜を問わず赤子の世話、それにプラスして家事やその他の作業、すべてを完璧になんてできるわけがないのです。 もちろん、中にはそれをすべて自分一人でできるという人もいるのかもしれません。ですが、そんな人はごく一部、世間の大多数は誰かしらの助けを借りながら子育てと家事を両立していくのです。

うつにならないためにしておきたいこと

産後うつにならないようにするために、まず当人が心がけること、それは完璧にこだわらないことです。子育てに疲れて家事がおろそかになったっていいじゃありませんか。家族に手伝ってもらい、家事の代行サービスを活用してみましょう。子育ても教科書通りでなくてもいいのです。むしろ子育てはイレギュラーなことだらけです。ですが、それこそが子育ての楽しみです。変に気を張らず、何事も適当にやり過ごすすべを覚えていきましょう。 周りの人間の助けも必要になってきます。毎日の家事を分担する、愚痴や苦労話を聞いてあげる、ちょっとした息抜きのために子供を預かってあげるといったように、周りの人間もお母さんの負担を減らす努力が必要になるのです。こういった事さえ気をつけていれば産後うつのリスクも多少低くなるのではないでしょうか。

産後うつの原因や取り組み方について

近年では、うつ病という言葉を聞かれる方も多くいると思います。うつ病は、誰しもがなる可能性を持っている精神疾患です。そのうつ病の中には、産後うつというものがあります。この産後うつというのは、出産を終えた女性がかかる精神疾患です。産後うつが起こる原因は現在でははっきりとは分かっていませんが、出産によるホルモンバランスの変化が原因のひとつではないかとされています。うつ病もそうですが、産後うつに陥りやすい人のタイプとして言われているのは、完璧主義者のがんばり屋が多いと言われています。育児というのは自分の思い通りにいかない事が多く、それに対してイライラして自信をなくすことにより気分がふさぎ込んでしまうことも原因のひとつです。回避や改善させるためには家族のサポートや気分転換を行い、しっかり治療を行うと良いとされています。

医療機関による治療の重要性について

出産を終えた女性がマタニティーブルーのような、気分が落ち込むなどということは意外と多いと言われています。いずれも出産してから2〜3日後に発症し、10日前後で不安定な時期を終えることが多いと言われます。しかし、この時期を超えても情緒不安定な状態が長く続いていくと、産後うつが疑われるという事です。前にも書いたように、産後うつというのは周りの家族のサポートや気分転換が重要な役割を果たすのですが、そのままの状態で治療を放っておくとうつ病になってしまう恐れがあります。このような事態を回避させるためにも、医療機関を受診する必要性が出てきます。心療内科や精神科などで診察してもらう事ができますので、症状が悪化する前の段階で治療を進めていくことが大切です。